安全に使うためには?デリーモ(deleMO)の正しい使い方と注意事項

 

デリーモ(deleMO)は、スプレー式の除毛用品です。除毛と聞くとカミソリや除毛クリームを想像する人が多いのではないでしょうか。

 

カミソリや除毛クリームは、カミソリ負けや剃り残し、肌荒れなどの肌トラブルが絶えず悩んでいる人も多いと思います。

 

そんな中で、デリーモ(deleMO)はスプレーを噴射するだけなので肌を傷つけるリスクが少なく、尚且つ短時間放置するだけで除毛ができると言われている除毛スプレーです。

 

低刺激で美容成分がたっぷり含まれており、除毛しながら美肌を手に入れられるということで多くの女性に大変人気があります。

 

しかしカミソリやクリームに慣れている人は、どのように使えば良いのかわからないですよね?

 

そこで今回は、デリーモ(deleMO)の使い方や使用時の注意事項を説明します!

 

しっかり理解して効果的に除毛していきましょう!

 

デリーモ(deleMO)の使い方

デリーモの使い方を誤ってしまうと、肌トラブルの原因になる恐れもあります。

 

しっかりと正しい使い方を理解しましょう。

 

まず始めに、除毛したい部分にスプレーを噴射し、肌にしっかりと馴染ませます。

 

そして、5分から10分ほど放置した後、ティッシュやコットンなどの肌に優しい素材で優しく拭き取ります。

 

拭き取った後は、肌に残らないようにしっかりとシャワーで洗い流しましょう。

 

これだけで除毛が完了します!

 

使い方のコツは、スプレーを吹きかける時に、多くかけてしまう部分と少なくかけてしまう部分とムラが出来てしまいます。

 

そのムラを放置すると除毛後に肌にもムラが出来てしまうので、スプレーを吹きかけた後にしっかりと均一になるように肌に塗り、馴染ませるようにしましょう。

 

デリーモ(deleMO)を使うときの注意

次に使い方においての注意事項を説明します。

 

まず、5分から10分という肌を放置する時間をしっかり守りましょう。

 

「長く置けば置くほど除毛効果があがる。」と思う人も多いですが、実際は全く意味がありません。

 

逆に、長く放置してしまうと肌荒れの原因に繋がります。

 

5分から10分の放置時間も、必ず肌の調子に合わせて調節するようにしましょう。

 

生理中などは肌がとてもデリケートになっているので、除毛など過度の刺激を与えることは控えることをオススメします。

 

また、肌のかぶれや傷がある時には、その部分への使用を控えましょう。

 

傷口にスプレーが入ることによって炎症や化膿をしてしまう可能性も考えられます。

 

かぶれも同様に、悪化してしまう恐れがあるので絶対に控えましょう。

 

万が一、傷に触れてしまった場合はすぐに洗い流しましょう。

 

傷やかぶれがない場合も、もし皮膚に異常を感じた場合はすぐに使用を中断しましょう。

 

その後も、もし肌の異変が続くようであれば皮膚科の医師に相談をすることをオススメします。

 

また、デリケートゾーンなどに使用をする場合は、ほかの肌の部位よりも敏感な部位なので、念のためにパッチテストを行うことをオススメします。

 

例えば、腕や足など試しに使用をしてからデリケートゾーンの除毛を行ってください。

 

間違った使い方をしてしまうと、綺麗に除毛できるどころか、多くの肌トラブルを生む原因になります。

 

効果を高めたくて長く放置したくなる気持ちはわかりますが、必ず正しい使い方を守って使用するようにしましょう。

 

最後に

いかがでしょうか。今回はデリーモの正しい使い方を説明しました。

 

デリーモは低刺激で肌に優しい除毛スプレーです。

 

しかし、使い方を間違ってしまうと、肌荒れなどのトラブルを招いてしまいます。

 

必ず正しい使い方を守って、綺麗なツルツルの肌を手に入れましょう。

 

そして万が一、肌に異常があった場合はすぐに使用を中断するようにしましょう。

 

心配であれば医師に相談することもオススメです。さらに詳しい情報は、デリーモの公式サイトに掲載されています。

 

 

デリーモには単品購入と定期購入の2種類の購入方法が用意されています。定期購入の場合、初回は送料のみで実質無料で手にいれることが可能ですので、数ヶ月使用を続ける場合は定期購入がお得です。

 

 

●単品購入ページ

>>1回だけお試し!デリーモの単品購入はこちらから

 

 

●定期購入ページ

>>単品購入よりもお得に!デリーモの定期購入ページはこちら