除毛クリームの道具がない時は?スポンジやヘラを代用する方法まとめ

<除毛クリームの付属のヘラやスポンジがなくなったらどうしよう?>
除毛クリームの中に塗る・拭き取る専用のヘラがついていなかったり、付属のヘラやスポンジがなくなってしまったという人もいますよね。

 

または、一度使ったものをもう一度使うことに抵抗がある人もいるかもしれません。

 

そんな時に、何を代用にすれば良いのか悩む人も多いはずです。

 

ティッシュを代用にする人も多いそうですが、ティッシュはオススメできません。

 

ティッシュは水を吸収しやすいように、クリームも吸収してしまいます。

 

すると、必要以上のクリームを使ってしまうことになるので、とても勿体ないです、

 

では、どのような物を代用すれば良いのでしょうか?

 

できれば付属品と同じくらい使い心地が良くて、肌に優しいものが良いですよね。

 

いくつか候補を選んでみたので、是非参考にしてみてください。

 

<ホームセンターに売っているヘラやスポンジを代用にしてもOK?>
似たようなもので十分なので、ホームセンターに売っているようなヘラやスポンジでも問題ありません。

 

ホームセンターでヘラを買うと思うと、リフォームなどで使われる工具用の大きなヘラを考えてしまいますよね。

 

しかし、そのような大きなヘラだけでなく、のりや接着剤を塗るための小さいヘラが売られています。

 

専用のヘラよりも若干塗りにくいと言われていますが、塗る分にはそこまで差し支えないと思われます。

 

スポンジもホームセンターのもので代用できますが、気になる人は洗顔用のスポンジやパフを購入しても良いかもしれません。

 

少々値段はしますが、肌に触れるものになるので、敏感肌や肌荒れが気になる人は洗顔用のスポンジのほうがオススメです。

 

塗るときも拭くときも、以上のような代用品で支障なく使うことができるはずです。

 

もし、今使っている除毛クリームが少なかったら、買い替えするのも良いかもしれません。

 

除毛クリームの中には、付属でヘラやスポンジがついているものが多いので、買い替えてそれを使うのもオススメです。

 

ヴィートの除毛クリームの一部や、パイナップル豆乳除毛クリームなどは専用のスポンジやヘラが無料で付属しています。

 

<素手でも代用できる?>
塗るためなら正直素手でも構いません。

 

もともと肌に塗るものなので、素手で塗っても問題はないのです。

 

しかし素手で塗るときも注意が必要です。

 

クリームのついた手で目などの粘膜部分を触れないように注意しましょう。

 

そして、塗った手はすぐに洗い流すようにして下さい。

 

除毛クリームは、除毛効果があるクリームなので、その分肌に刺激を与えます。

 

なので、肌にクリームが長時間ついていることによって、肌荒れなどのリスクがあります。

 

そして洗い流すときは、爪の間や手のしわの間まで丁寧に洗い流すようにしましょう。

 

残っていたクリームに気付かずに目を擦ってしまうと、目の炎症を起こす可能性があります。

 

また、深爪やささくれなど些細な傷がある時は素手を使うことは控えましょう。

 

傷にクリームが触れることによって、傷が化膿してしまったり、炎症してしまう可能性があります。

 

道具を用意する必要なく素手で簡単にできる分、しっかりとアフターケアをするようにしましょう。

 

<最後に>
いかがでしょうか。

 

付属品のヘラやスポンジがなくても代用できる物はたくさんあります。

 

ホームセンターでヘラやスポンジを買ったり、洗顔用のスポンジを通販で購入するのも良いでしょう。

 

洗顔用のスポンジやパフは肌に合わせて作られているので、敏感肌や肌荒れが気になる人にもオススメです。

 

もちろん素手でも塗ることはできますが、塗り終わったらすぐに洗い流すなど、しっかりとケアをすることが大切です。

 

クリームが少なくなっているのであれば、専用の道具が付属している除毛クリームに買い替えるのもオススメですよ。

 

>>デリーモ(deleMO)の正しい使い方【お風呂で使える?使い方のコツ】