徹底検証!毛を剃ると濃くなるのは本当なのか?

友達に「剃ると濃くなるよ!」と言われたことはありませんか?ムダ毛を剃ると濃くなるという噂を聞いたことはある方は多い思います。本当なのか気になりますよね。

 

剃ると濃くなる、ということを信じて毛を抜くようになったという人も多いのではないでしょうか。

 

確かに剃った後に生えてきた毛は、黒い斑点のようにポツポツと肌に現れることが多いですよね。

 

実際にそれを見てショックを受けた人もたくさんいると思います。

 

しかし、中には「剃ると濃くなるっていうのはただの都市伝説だよ。」という人もいますよね?

 

一体どちらが本当なのでしょうか?

 

そこで、「ムダ毛は剃ると濃くなる」というのが本当か嘘か調べてみました。

 

<「剃ると濃くなる」は本当?>
インターネットを駆使してムダ毛を剃ると濃くなるのか調べてみましたが、実際には医学的に立証されていないそうです。

 

つまり、「ムダ毛を剃ると濃くなる」は医学的に認められていないということになるので、本当のこととは言えません。

 

または、カミソリで毛を剃ることによって、毛の断面が平らになります。

 

平らになることで正面から見える面積が広がるので、生えてきた時にいつもより濃く見えてしまう、ということはあるかもしれません。

 

どちらにせよ、毛自体が太くなるということはなさそうですね。

 

「ムダ毛は剃ると濃くなるのは本当なの…?」と心配していた方はホッと一安心ですが、そこで喜ぶのはまだ早いですよ。

 

実際に、カミソリで剃ることによって皮膚の表面や毛穴にダメージを与えることになります。

 

そのダメージによって炎症や色素沈着が起き、毛穴が開いてしまうために、毛穴の色が濃くなったと見える場合もあるのです。

 

しかし、毛自体が濃くなる、ということは今のところ医学的に立証されていないので、毛が濃くなる心配はしなくても良いかもしれません。

 

それよりも、カミソリによるダメージで毛穴が大きくなり目立つことを心配するべきでしょう。

 

どちらにせよ、カミソリは皮膚や毛穴にダメージを与えてしまうので、ムダ毛処理法としては少し控えた方が良いかもしれませんね。

 

カミソリを使わない除毛の仕方であれば、除毛クリームなどを使うことをオススメします。

 

肌に合う・合わないはありますが、直接的に肌を傷つけるリスクはカミソリよりも低いです。

 

そして、除毛した毛の断面も平らにならず、生えてきた時も濃く見えることはないので、除毛クリームは是非一度試してみる価値はあると思いますよ。

 

<思春期から剃ったら濃くなったという人も>
「いやそんなことない!学生の時から剃り始めたらだんだん濃くなったもん!」と言う人もたくさんいます。

 

思春期の生理やホルモンバランスが原因で、と考えている人も少なくありません。

 

かなり多くの人が、思春期に剃ったことで濃くなったと感じているので、やはり医学的に立証されていないだけなんじゃないの?と思いますよね。

 

しかしこれも違います。

 

毛を剃り始める10代は確かに思春期という時期で、ホルモンバランスが大きく変わる時期でもあります。

 

この10代の時期は、体毛が濃くなり始める時期なのです。

 

デリケートゾーンや脇などもこの時期に生えてきた人が多いと思います。

 

なので、この体毛が濃くなる時期に毛を剃り始めることで、「濃くなった原因が毛を剃ったから」と思い込んでしまう人が増えてしまっているのです。

 

実際は剃ったからではなく、ホルモンの変化が原因です。

 

<最後に>
いかがでしょうか。

 

「剃ると濃くなる」ということは現時点で医学的に立証されていない根拠のない噂であるということがわかりました。

 

色々なタイミングが重なって濃くなったと感じる人は多いですが、実際には成長の過程であったり、毛穴のダメージや剃った毛の断面が平らになったことが原因で濃くなったと見えてしまっただけのようです。

 

これからは、毛が濃くなることではなく、皮膚や毛穴をダメージから守りながら除毛する方法を考えていく必要があるでしょう。

 

皮膚を直接刃で傷つける必要なく除毛できる方法はたくさんあります。

 

除毛クリームや除毛スプレーなど是非試してみてはいかがでしょうか。

 

>>デリーモ(deleMO)の正しい使い方【お風呂で使える?使い方のコツ】